バイク乗り換えました



もう2ヶ月前のことですが、
バイクをHONDA CB1300 SUPER BOL D'ORから、
YAMAHA XT1200Z Super Tenereに乗り換えました。

理由は、「もっといろんなところを走ってみたい」から。

Super Tenereは「ビックオフ」というジャンルにくくられます。
ビックオフとは、その名の通り排気量があり、オンオフ道を選ばないオールラウンダーなバイクのことを指します。

このクラスにはBMWのGSシリーズや、
TRIUMPHのTiger 800 XCなどがありますが、
なぜもっとも重いSuper Tenereを選択したかというと・・・

1.安心の日本製
2.国内メーカーであることのサポート拠点の数と工賃の安さ
3.最初からパニア(箱)がついていた(First Editionのみ)
4.100㎞巡航時のエンジン回転数(3200rpm)
5.重さはCBと変わらない

などが挙げられます。

既に4000㎞走りましたが、想像以上に高速巡航が楽に感じました。
100㎞が80㎞に感じるほど。
また、シルバーウィークに北海道に帰った時には、
道北スーパー林道(美深歌登スーパー林道)を走破することができました。

砂利道初心者の私でもある程度走らせることができる
Super Tenereはとても懐の深いバイクだと感じました。

CB1300は、私にバイクの楽しさ・厳しさを教えてくれました。
左右に2回ずつ倒しましたが、傷つくだけで特にトラブルらしいトラブルもなく
安心して共に走ることができました。

CB1300には心から感謝を、Super Tenereには心から期待を。
関連記事

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://borisu.info/tb.php/6-63303c86