2012/03/11

2011/3/11、そのとき私は会社の執務室内でのほほんと業務をこなしていました。
突然鳴り響く携帯電話、直後の大きな揺れ・・・
一瞬とうとう関東大震災が起きたのか!?と、とても不安になりました。
ただ、建ったばかりのビルが崩れるはずはなく、とりあえず自分は無事だろうとも
思っていたことを思い出します。
しかし、予想より長く揺れが続き、かつ次第に揺れが大きくなってきたことで
緊張感が一気に高まったことも事実です。

まず最初に思ったことは北海道にいる両親に無事を伝えること、
次に埼玉にいる弟の無事を確認すること。
それぞれメールで行うことができました。

次に、何が起こったのか、事実が知りたいという欲求でした。
幸いにもワンセグが見ることができたので眺めていると、
東北で大地震の報道。

大津波警報が出ていて、港町生まれの私は本能的に恐怖を覚えました。

その時点で知りうる情報が大体把握できるようになると、
社内も落ち着きを取り戻し、今度はどうやって帰宅するのかという課題がでてきました。
地震後は外に出るなと指示が出ていましたが、夜になってから帰れるものは帰っても良い
という事になり、バスが動いていたことから、私は20時頃会社を出て帰路につきました。

乗ったバスは遅れに遅れ、2時間後に目的地に到着。
その後、2時間ほど歩き帰宅することができました。
自宅がぎりぎり都内にあったため、さほど苦労せず辿り着くことができたと思います。
途中、バイクの様子を見に行きましたが、無事直立していることを確認でき、
念のため周りをチェックしましたが、特に問題はなさそうでした。

帰宅すると同時にPCを立ち上げ、テレビアプリを立ち上げると、
そこには想像を絶する光景が流れていました。

・・・
やっと1年なのか、もう1年なのかは各々の立場によって異なると思いますが、
震災によって受けたダメージは、おいそれと回復できるものではありません。
私は私にできることで、そのダメージの回復に努めようと思います。

犠牲者の方々には深い哀悼の意を。
今もなお不自由な思いをされている被災者の方々には
自分ができることで応えさせていただこうと思います。
関連記事

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://borisu.info/tb.php/146-7e4c0499